文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

2頭の馬 額なし プリント 白黒写真 11x14インチ 馬愛好家 乗馬者 競馬ファンやカントリー装飾に最適なギフト Lone Star Art

では、どうすればいいのでしょう。

Logitech G G840 XL ゲーミングマウスパッド シュラウドエディション 並行輸入品

アルミフレーム 油絵額縁 油彩正方形の額縁 額縁 DA-603 Cマット シルバー サイズS8号
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は今石洋之の世界展 公式図録&キャンバスアート&複製色紙

 

 

【ポイント10倍】【直送品】 山金工業 ワークテーブル SJR-1575-GI 【法人向け、個人宅配送不可】 【大型】


【MONCLER】トロピカルプリント スイムショーツ