文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

お買得 【ファンシーツイード/タータンチェック】イタリ―製,輸入生地 黄/緑/茶系 140cm巾2.5m(スーツ、コート分) 2121-384 【一点在庫あり ご注文はお

では、どうすればいいのでしょう。

HP 693648-B21 2.5 " 1200 Go serial_scsi, scsi 10000 trs/min

☆エツミ ライトスタンド2800 E-6741
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は◎▽振袖セットNo219-レンタル品売却/決算セールー8/31まで‼

 

 

Fazom ワイドアングル リヤビューミラー(メルセデス・ベンツ専用) (TypeA)


★VALENTINO★ VLTN エンブロイダリー トラックトップ