文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

コロンビア Columbia レディース レインコート アウター Arcadia II Rain Jacket Red Hibiscus

では、どうすればいいのでしょう。

Invicta Men's 'Reserve' Swiss Quartz Stainless Steel Casual Watch%カンマ% Color:Gold-Toned (Model: 15827) 並行輸入品

A-Tech 16GB Kit (2x8GB) Memory RAM for Supermicro SYS-2027R-AR24 - DDR3 186
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【MONCLER】モンクレール PROVIDENCE ダウンジャケット 0

 

 

フィデリティ ウールドビー テーラード ジャケット 日本製 FD182DM25101


『宝物』平田俊子 詩集/書肆山田 サイン