文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

指輪 レディース ピンキーリング ブルートパーズ リング リボン モチーフ 11月誕生石 ダイヤモンド プラチナ Pt900 ホワイトデー プレゼント ギフト

では、どうすればいいのでしょう。

浄水器 メタリックグレー TK-CJ23-H(1台) 家電 浄水器・整水器 浄水器 k1-4549077893048-ak

エコー Soft 7 Retro Sneaker レディース スニーカー Shadow White/White/Silver Pink
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【定価74800円】【YOKE】DETACHABLE DUSTER COAT

 

 

まな板 積層 プラスチック 中華マナ板 中 φ400×H150 /送料無料


レッツ!タロット キャメレオン竹田 タロットカード