文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Intel Core 2?Duo e6600?2.40?GHz fsb1066mhz 4?M 775デュアルコアプロセッサー

では、どうすればいいのでしょう。

国内発送 修理交換用 NEC VersaPro VH-3 VKB10/H VKB10/H-3 VKB10H-3 PC-VKB10HZA3 P

BANGE リュック ビジネス メンズ バッグ 旅行 出張 通勤 通学 3way リュックサック 多機能 大容量 防水 おしゃれ シンプル 黒 大きめ A4 PC収納 パソコンバッグ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は海外限定☆RHUDE☆クレストロゴトラックベースボールキャップ

 

 

アルマーニエクスチェンジ 時計


【FENDI】FFロゴ マルチカラービスコース セーター