文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

東リ コントラクトカーテン 価格 交渉 送料無料 オーダー ドレープ [遮光] アネシス TKY7309〜7316 スタンダード縫製 約1.5倍ヒダ 幅700cm×丈260cmまで

では、どうすればいいのでしょう。

特別価格天然ラウンドブリリアントソリティアダイヤモンドスタッドイヤリング レディース 4プロング スクリューバック (G-Hカラー SI2-I1クラリティ)

YAESU C4FM/FM 144/430MHz デュアルバンドデジタルトランシーバー FT-70D スピーカーマイク SSM-17A付き
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は響け!ユーフォニアム 2018年からも響かせます!セット

 

 

■タンガロイ 旋削加工用インサート サーメット NS9530《10個入》【7235577×10:0】


BLOOM×ディズニー プーさん ネックレス