文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

マーメイドドレス ウエディングドレス ロングドレス ナイトドレス パーディードレス ピアノ 成人式 結婚式 二次会 舞台用 披露宴 演奏会 発表会 高品質 上品

では、どうすればいいのでしょう。

KM33N3G KVK 2ハンドル混合栓 送料無料

Mountainsmith Trekking Pole-Rubber Boot Tips (Pair)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は天皇陛下御在位六十年記念貨幣発行記念メダル

 

 

シマノプロ VIBE カーボンステム -8° 1-1/8インチ 31.8mm 100mm(R20RSS0504X), ブラック


カルバンクライン K4D221C6 Calvin Klein レディース ck 新品