文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【つゆ切りセット!!】大塚竹管楽器 篠笛 竹渓 塗 籐半重 赤 四本調子/4本調子 (6つ穴/7つ穴) 【篠笛 ちくけい】

では、どうすればいいのでしょう。

Lulu Decor ブラックドロップメタル壁掛け時計 24インチ ホワイトガラスダイヤル アラビア数字付き 装飾時計 リビングルーム 寝室 オフィス 並行輸入品

3M液晶フィルター装着具(タブ&シール)セット タブ・固定用シール各50シート入 CF-TS50 1セット
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はフェラガモ 67 9938 00 0698949 メンズ カジュアルベルト

 

 

スノーピーク snow peak フラットバーナー GS-450


Panasonic デジタルコードレスファックス KXPD315DLS