文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

カラードレスロング安いカクテルドレス演奏会イブニングドレス結婚式二次会ウエディングドレス披露宴フォーマル花嫁パーティードレスグレー

では、どうすればいいのでしょう。

OPP袋 クリスタルパックS 0.03mm S19-45 1000枚入 #006735200 バラ販売 シモジマ

アメリカ軍 トートバッグ/鞄 〔 25L 〕 ポリエステルキャンバス地/ラバー 防水加工 BH062YN ダックハンタ 〔 レプリカ 〕
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はTM-742 ケンウッド

 

 

アイワ 兼用ポスト受け口No.2000用 アンバー


「美夕様専用ページ」トンイ DVD-BOX Ⅰ~Ⅴ〈各6枚組〉