文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

LEDイルミネーション ローボルト iSparkle(アイスパークル)カーテン60球 スター シャンパンゴールド&マルチ / タカショー

では、どうすればいいのでしょう。

枕カバー付きキルト3点セットソフトオールシーズンマイクロファイバーベッドスプレッド 魅力的な海の景色のイメージが特徴 洗濯機洗い可能 カタリナコレクシ

カレッジ NCAA アメリカ USA 大学 スポーツ ファナティックス ブランデッド Xavier Musketeers Arch Name プルオーバーパーカー - ネイビー ブルー
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は★国内発送 PaulSmith ラビットプリント 2つ折り財布/送料込

 

 

Mii★★ 様専用 KETER Darwin 屋外物置 新品未開封


ビット(スタンダ−ド・カドミレスSB304590CD 黄銅 生地 【1500本】