文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

CRES クレス 木製 ダイニングチェア 丈夫 おしゃれ ブランド 新品 日本製 MORGEN B モルヘン

では、どうすればいいのでしょう。

ラドー RADO クオーツ ベルト非純正 ゴールド文字盤 【中古】(57877)

デニム 着物 洗える着物 レディース 岡山デニム 紺系 ネイビー ストライプ 綿 単衣 仕立て上がり カジュアル M L 送料無料
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はかんたんテント3  KA/4WA(2.4m×3.6m) オールアルミフレーム

 

 

サンキュー先生 初回限定BOX〈初回限定生産・7枚組〉


ユニカ UR21-A038SD UR21 ALC用 SDSシャンク 口径 mm :38 UR21A038SD