文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

リネアストリア 天使シリーズ フルウィッグ セミロング ダークブラウン

では、どうすればいいのでしょう。

〈RMK〉ネイルカラー マニキュア 15本セット

ディノス ブレスエアー敷布団 ネオ 3つ折り シングル
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は2020新作 ダウンコート ダウンジャケット レディース 中綿ダウンジャケット ロング丈 大きいサイズ アウター ファー 厚手 フード付き 冬 防寒

 

 

組立設置付 モダンライト大型跳ね上げ収納ベッド Cesario シザーリオ ベッドフレームのみ 縦開き キング(SS+S) 深さグランド


Swatch Omega Mission to Mercury 新品未使用