文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Black Diamond ドーンパトロール 25 バックパック Medium/Large ブラック 681170

では、どうすればいいのでしょう。

Pulsar PH8303 レディース アナログクォーツ腕時計 ステンレススチールストラップ ツートーン 14【並行輸入品】

【ポイント10倍】日東工器 パージハイカプラ PV-600SM BRASS NBR (65931)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は日本製 桐生織 正絹 八寸 名古屋帯 絣波(クリーム) ※お仕立て代金込み 仕立て上がった状態でお届けいたします

 

 

子供用 、スーツ・ネクタイ【BURBERRY】


ツルミ オイルケーシング ( 801-02919313-9 ) (株)鶴見製作所 (メーカー取寄)