文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

結婚指輪 ペアリング ペア マリッジリング ピンクゴールドk10 大粒 一粒 ブルートパーズ リング 10金 指輪 送料無料

では、どうすればいいのでしょう。

クルーズ セーフティグラス ルビコン エメラルド

CWSGH 折り畳み傘 和風の桜 日傘 日焼け防止 ワンタッチ自動開閉 軽量 Uvカット 日よけ 遮光 遮熱 晴雨兼用 丈夫 耐風撥水 レディース 8
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は箱説つきFC スーパー魂斗羅 ファミコン版Superコントラ

 

 

NE52CPL 2P 50A:【NE-PL_NE-PH】プラグインユニット付サーキットブレーカ(協約形) 極数・素子数2P2E 定格電流50A


洋画 中古DVDまとめ売り 約150枚セット