文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ボディバッグ ショルダーバッグ サコッシュ コンパクトショルダー 斜めがけ ポーチ 缶バッジ ミニバッグ ユニセックス アウトドア

では、どうすればいいのでしょう。

POC Aspire スペアレンズ ブラウン/シルバー ミラークラリティ フリーサイズ メンズ並行輸入品

(まとめ) TANOSEE マルチプリンターラベル 業務用パック A4 12面 86.4×42.3mm 四辺余白付 1箱(500シート:100シート×5冊) 〔×5セット〕
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【HERMES】エルメス Sneakers Dayスニーカー 《デイ》

 

 

スノーピーク 雪峰苑 おまけ付き


ラグ カーペット 『マットーネ』 ブラウン 約190×190cm 4723279