文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

子供用袋帯 朱色地に丸と縞模様 女の子用和服 着物

では、どうすればいいのでしょう。

ヨシカワ(Yoshikawa) 雪平鍋 シルバー 蓋付 18cm用 ゆきひら鍋 18cm PD3001+PD3002 セット IH対応 ガス火対

Volcom mens Vorta Slim Fit Stretch Denim Jean Pants, Grey Indigo Rinse, 33W
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はスーパーファミコンソフト80本セット ルドラの秘宝 アルディライフット他

 

 

蒔絵 過去帳 桔梗 5.0寸●日付入・日付なし●日本製 過去帖 過去帳 帳面 戒名 法名


オザークトレイル 7人用 ピラミッド ティピー テント