文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

P3.R5(各2m)

では、どうすればいいのでしょう。

オーブ ブラシひと塗りシャドウN TWICE限定ミニ9個セット

リビングダイニング1人用ソファ2個セット(オークエストMBR/DBR)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はクラシック 凹凸 スケートボード 波 ベクター イラスト 日本モチーフ 背景 手描きのロングボード メープルデッキ エクストリームスポーツ アウトドア

 

 

[Salvatore Ferragamo] サルヴァトーレフェラガモ /レインブーツ


ダウンジャケット 立ち襟中綿ジャケット薄め 秋冬 保温大きいサイズダウンコート ウエア アウター 防風防寒 男性ウエア カジュアル 送料無料 メンズ