文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

IBWell Short Curved-Edge Modern Creative Stylish Single Tier Dish,Metal Iro

では、どうすればいいのでしょう。

■日東 ステンレスタンクPTFEパッキン付式保存タンク7L CTHPTFE21(8147007)

SHINKE シンケ FFM-SCLT-TGY6 直送 代引不可 フルフラットマット 低反発 コットン/PUレザー 車種別専用 ヴォクシーYY5人乗 186x135 グレー FFMSCLTTGY6
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は豪華振袖フルセット

 

 

コクヨ品番 MT-JTTB189S81MAW-C 会議テーブル JUTO 長円形天板 T字塗装脚キャスター W1800xD900xH720 ジュート


送料税込【Justine Clenquet】Patti choker☆パーマネント♪国発