文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

1GB KIT (2 x 512MB) for Sun Fire Series V100 V120. DIMM SD ECC Registered P

では、どうすればいいのでしょう。

Hua Lin Liu Li Huandicraft Product Factory 天然石 インカローズ AA 丸玉 11?12mm

Carinthia Tropen マミー型 寝袋 シュラフ ミリタリー キャンプ用品 アウトドア用品 登山 車内泊 (オリーブ, L)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は国内発 BALENCIAGA ブラックイントレチャートレザーベルト

 

 

マキタ コードレス掃除機CL108 カプセル式 標準25分稼働/充電22分 10.8Vバッテリ充電器・サイクロンアタッチメント付 CL108


A BATHING APE / COLLEGE WAIST TUCK / シャツワンピース