文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

KHK NSU2.5-40J25 融着平歯車NSU2.5-40J25

では、どうすればいいのでしょう。

カスタム LK-900 センサー 熱電対、Kタイプ LK900【キャンセル不可】

コクヨ ハンギングフレーム A4MHM 1個
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は新品未開封 充電式3Dサーキュレーター

 

 

耐熱コーティング剤 CP-2050-NF-1q 耐酸強化型   スチール製部品の腐食防止  1クォート(約1L)  アレムコ社


【REISS】新作!FAITH LACE TRIM SATIN TOP レース ブラウス 2色