文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

SwaddleDesigns Fitted Crib Sheet/Toddler Sheet, Baby Sleeps Better on Softe

では、どうすればいいのでしょう。

タンガロイ TACドリル TIDC150C15-5

日晴金属 メーター架台(65・100号用)平地高置用高さ900mm MK-90L
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は古渡命銘木 中務御親 真那賀 銘【三日月】1.001g 香木/お香/沈香/伽羅

 

 

K.T.ルイストン 30mm ドレスベルト ブラック(K.T.Lewiston KTB167 BLACK)


SALE♪また更に値下げ♪ディズニー♪虹お絵描き柄♪新品♪フラットシーツ♪