文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

退職祝い プレゼント 湯呑み 感謝を込めた木箱入りギフト 有田焼 青白磁山茶花 サザンカ 大

では、どうすればいいのでしょう。

1級遮光 防炎 ドレープカーテン/遮光カーテン 〔幅150×丈240cm 1枚入り ブラック〕 洗える 無地 日本製 タッセル付き送料無料

プラノ PLANO PC620E プロケース (ハードケース)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はフロンケミカル グルービングカッター(外径1/4φ、3/8φ、1/2φ) ( NR1404-011 ) (株)フロンケミカル

 

 

Toyworld TW-F01 トランスフォーマー 非正規 ジャンク


スピングルムーブ SPINGLE MOVE SPM-211 BLACK ブラック メンズ 革靴 スニーカー 日本製 ハンドメイド 手作り