文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ナカキン プロジェクター台 NA-400Y キャンセル返品不可

では、どうすればいいのでしょう。

店頭受取対応 | OMEGA オメガ 腕時計 ウォッチ シーマスター アクアテラ マスターコーアクシャル ダイヤ ユニセックス 231.10.39.21.55.002

ピアノ発表会 ドレス 中学生 ワンピース ジュニアドレス 七五三 子供ドレス サテン ネイビー オフホワイト お姫様 着やせ 上品 エレガント 女の子 ジュニア バイ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は黒豆様専用

 

 

コイズミ照明 LEDシーリングライト 〜6畳用 調光・調色機能付 電球色〜昼光色 AH48913L


累積売上第1位【SAINT LAURENT】コンパクト ジップウォレット