文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

スケッチャーズ Go Walk Lite - Canvas Boat Shoe レディース ボートシューズ デッキシューズ Taupe

では、どうすればいいのでしょう。

グローエ(GROHE) EUROSTYLE COSMOPOLITAN ユーロスタイルコスモポリタン シングルレバーキッチン混合栓(旧3397

Samsung FT45 Series 27-Inch FHD 1080p Computer Monitor, 75Hz, IPS Panel, HDMI, USB Hub, Height Adjustable Stand, 3 Yr WRNTY (LF27T450FQNXGO)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は話題性抜群【GANNI】DR. SCHOLL コラボ サンダル

 

 

センターテーブル リビングテーブル テーブル ガラステーブル 北欧風 ナチュラル


ESL ESL 電話台 リビングボード 完成品 北欧 完成品 国産 日本製 シンプル 木製 fax台 モデム ルーター 収納 カウンター