文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

【東京マルイ】H&K MP5クルツA4 パーフェクトパック

では、どうすればいいのでしょう。

TANOSEE ノートブック セミB5 B罫6mm 30枚 ブルー 1(180冊:10冊×18パック)

ロールスクリーン 遮光 オーダー ロールカーテン 目隠し 無地 遮光3級 遮熱 シェード 幅30〜45 丈30〜80cm JQ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はアズワン ガス置換デシケーター 1-5210-01

 

 

ヴァイスシュヴァルツ 東京リベンジャーズ 東リベ 8電源 8スタンバイ デッキ


PLINKUSA RACKBUY 3U(Fan LCD)(3x5.25+7x3.5 HD)(ATX/Micro-ATX/Mini ITX)(14.96" Deep)(Take Mini Redunat Power) Rackmount Chassis(NO Power Supply,No Rail,