文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

アルナ アルミフレーム デッサン額 IC ゴールド A-1・2261    内寸:841×594mm 同梱不可  送料無料

では、どうすればいいのでしょう。

【法人限定】 野球 フェンス ネット 防球フェンスSG200 B-4035 特殊送料【ランク:8】(TOL)(QCC16)

WSG-1209 スチール黒板(1200×900)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は2020年製 美品 NAKATOMI MAC-20

 

 

ALPINE(アルパイン) 10.1型 WSVGA液晶 ルームライト無し HDMI入力付き スリムリアビジョン 後席モニター ブラック RS


セール【BCBGMAXAZRIA】大人っぽいカラーブロック☆ロングドレス