文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

新品 送料無料 東製作所 azuma アズマ ステンレス 食器戸棚 [片面引違戸] /ACS-750H/ 幅750×奥行600×高さ1800mm

では、どうすればいいのでしょう。

あすつく対応 「直送」 イスカル FF FW D52-22-09-C X その他ミーリング/カッタ FFFWD522209C 623-1802【キャンセル不可】

三ツ星ベルト スーパートルクG 300DS8M928
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はたかし様専用

 

 

オンリーワンクラブ アクアルージュW スフィア TK3-SPWV イメージ:バニラ 二口水栓柱 立水栓・水栓柱 専用上下蛇口付き


ESTIVO スノボー ウェア レディース パンツ