文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Versace VE2181 12526G 57 New Men Sunglasses 並行輸入品

では、どうすればいいのでしょう。

シングルワンホール混合栓(寒冷地用) K87710JK-13

エンゲージリング ダイヤモンド 安い プラチナ 0.2カラット 鑑定書付 0.29ct Dカラー VVS2クラス 3EXカット GIA
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は姉なるもの 千夜 千の仔孕む森の黒山羊Ver. 1/7 完成品フィギュア

 

 

Devoted II Harris Tweed Khaki Green Herringbone Overcheck Small Messenger Bag【並行輸入品】


ドナ様専用 ロマンスは必然に・アバウトタイム・キルミーヒールミー・ただ愛する仲