文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ノースフェイス THE NORTH FACE バックパック RODEY リュックサック ブラック メンズ t93kvcjk3-nf0a3kvcjk3

では、どうすればいいのでしょう。

ペンダントライト 照明 おしゃれ Moretta Red・ジャグラーのモレッタ LED対応 クラシック レース ステンドグラス ランプ

【送込】マパール(株) マパール head holder CFS 101 CFS101N-12-082-ZYL-HA16-H 1個【北海道沖縄送別】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はホグロフス スノーウェア vassi スーツ ワンピース

 

 

■IWATA マスキングシールB (2000枚入/パック) ERS016(2168199)


TirrLirr ティルリル ラッピング付き ネックレス TNSS-002