文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

すのこベッド スノコベッド SDサイズ セミダブル ひのき 檜 桧 無垢材 木製 TI-0005

では、どうすればいいのでしょう。

ヨナグニブルー ホタルガラス 8mm 光る 一連 ビーズ売り(50粒) 沖縄 お土産 与那国島

H265 10.8V 4000Wh fujitsu ノート PC ノートパソコン 純正 交換用バッテリー
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は(まとめ)変換名人 USB3.0ケーブル AB 1.8m USB3AB18(×5)

 

 

SHARP AQUOS 19V


Ideapad 300-17isk(80qh001ege) 14.4V 41Wh lenovo ノート PC ノートパソコン 純正 交換用バッテリー