文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

フィランソロピー n:philanthropy レディース タンクトップ Vネック トップス Lola V-Neck Tank Top White

では、どうすればいいのでしょう。

Gamblers Warehouse Kings Wild Exclusive (6 Deck) Card Case Trick_並行輸入品

ジャパックス LD規格袋 厚み0.030mm No.13 透明 100枚×10冊×3箱 K-13
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はMivv Suono 2013~2016 Duke390

 

 

セルスター レーダー探知機 AR-41GA 日本製 3年保証 GPSデータ更新無料 フルマップ OBDII対応


【大人気!】MONCLER☆Chevrilウールダウンジャケット