文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ふかし枠(70mm) 3方枠用 W:2,001〜3,000mm × H:601〜1,000mm インプラス 内窓 オプション LIXIL リクシル TOSTEM トステム

では、どうすればいいのでしょう。

【ポイント5倍】【直送品】 サカエ 保管システム(両開扉タイプ) PNH-9063D (143522) 【法人向け、個人宅配送不可】 【大型】

【新品・在庫あり】■VORNADO(ボルネード)サーキュレーター 高耐久モデルHeavy Duty [グリーン]293HD-JP-G【送料無料(沖縄・離島除く)】
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【PRADA】 サンダル・ミュール 送料込み★22春夏

 

 

金針水晶ゴールドルチルクォーツ&タイガーアイブレスレット 12ミリ数珠パワー


Kali Protectives ミッションニーガード ブルー Sサイズ