文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

DUCA DEL COSMA / KLM OPEN KUBANA WHITE GOLF SHOE

では、どうすればいいのでしょう。

【海外限定】REISS レザージャケット☆Allie Leather Collarless

送関込【POLAR SKATE CO.】長袖 ワッフルシャツ チェック柄
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はG-style アルペン ステップインビンディング

 

 

結婚式ドレス 袖あり パーティードレス ロングドレス 演奏会 ドレス Vネック ピアノ 発表会 お呼ばれ 二次会 披露宴 着痩せ 上品 大人 可愛い lf1818


COMME des GARCONS(コムデギャルソン) カーディガン