文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

USB Cドッキングステーション デュアルモニター HDMI 4K@60Hz DP ノートパソコン ドッキングステーション トリプルディスプレイ US送料無料

では、どうすればいいのでしょう。

REMALL Bluetooth Mini Sound Mixer Board for Live Streaming, Voice Changer Sound Card with Multiple Sound Effects, Audio Mixer for Music Recording Kara

限定価格Bohin 91356 Sewing Machine Needle Threader, 15.5 by 18.25-Inch送料無料
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は特別価格ロスコ キャンバス デイパック Rothco Canvas Daypack (ネイビー)好評販売中

 

 

アンティーク家具 食器棚


限定価格TT560 Flash Speedlite for ALL Canon, Nikon, Sony, Pentax SLR cameras!