文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ニッシン マスターシリンダー ブレーキ ゴールド 14mm

では、どうすればいいのでしょう。

冷却ベスト

TUMI ビジネスバッグ スリムブリーフケース 2way 14インチPC収納 茶
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はステンレス鋼(被覆棒) NSN-309 ノンスパッタタイプ 2.6mm 20kg 日亜溶接棒 ニツコー熔材工業 [56383]

 

 

三菱 ランサーエボリューション5 純正マフラー リアピースのみ


内外電機 Naigai CMDK1660C2 直送 代引不可・他メーカー同梱不可 テナント盤キャビネット・2段ドア TM1660-2G