文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

DIYペイント 大人用 数字による抽象的なマウンテンペイント 自然の風景 大人向け 数字によるキット キャンバスに描かれた絵画 16 x 20インチ 並行輸入品

では、どうすればいいのでしょう。

アンジェロ ガルバス 20 春夏 SS 新作・半袖Tシャツ(L)(LL)01-2502-03-05 ANGELO GARBASUS

Ertl Farm Country Grain Feed Set
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は関送込/国内発【VALENTINO】パッチ ジャケット

 

 

ロレックス◇デイトナ◇文字盤◇ブラック◇116520


【今夏必見!】☆Isabel Marant Etoile☆トップス:ブラック