文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

エマーソン タイヤ交換工具 電動インパクトレンチ AC100V EM-252 最大トルク300Nm 19/21mm薄口ロ

では、どうすればいいのでしょう。

BAIT メンズ スウェット・トレーナー トップス Premium Core Crew Neck yellow/gold

D23 Expo USA 2019 ザ・ダッパー・ダンズ FUNKO POP ! ビニールフィギュア 4点セット エキスポ記念 ディズニーテーマパーク限定 ファンコ THE DAPPER DANS
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はヴァイスシュバルツ もっと見つけて初音ミク PSA10

 

 

内外電機 Naigai CRFZ186025SK 直送 代引不可・他メーカー同梱不可 制御盤キャビネット CRFZ186025SK


Bibiy flower poodle pants