文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

アイドリッシュセブン 和泉三月(いずみみつき) 一番くじ IDOLiSH7 VS TRIGGER 風 コスプレ衣装

では、どうすればいいのでしょう。

ラグ マット 絨毯 約230×330cm モスクピンク 長方形 洗える ホットカーペット 床暖房対応送料込み

【法人様限定】アルインコ(ALINCO) 脚立 軽量専用脚立 [MS-150FX] 詳細は商品説明をご確認ください メーカー直送
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はFirst time ファーストタイム 東京的男気炸裂青春群像写真集 伊賀大介

 

 

ブエノ レディース ブーツ・レインブーツ シューズ Quark Chelsea Boot


【MONCLER】Hermifur フォックスファー ロングダウンジャケット