文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

SLEEP ZONE リバーシブルキルトセット 3ピースプリントパターン寝具セット ? 120gsm ファブリックステッチ ソフト 軽量 マイクロファ

では、どうすればいいのでしょう。

ローリングス(Rawlings) ジュニア 軟式 バット HYPERMACH AIR (トップバランス) ハイパーマッハ エアー BJ0HYMAIT 78cm(560g?

[デサント] 20年秋冬モデル ヒートナビソロテックスロングパンツ DMMQJG30メンズ ウインドブレーカー 防風 はっ水 (ネイビー O)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はPaul Smith ネクタイ M1A OTIEX FLU58 シルク ストライプ

 

 

DISNEY ディズニー くまのプーさん デザインマット キャラクターデザイン 約50×80cm DMP-4056 プーさん バルーンフラワーマット (S) 引っ越し 新生活


【在庫確保済SALE】人とは違う個性的カラー♪ビットローファー