文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

[プリンス] 半袖シャツ ゲームシャツ レディース ネイビー (127) 日本 L (日本サイズL相当)

では、どうすればいいのでしょう。

ラルフローレン メンズ ブーツ・レインブーツ シューズ Oslo High-S Leather Boot

CKD パイロット式5ポート弁セレックスバルブ ▼580-6704 4F310-10-DC24V 1個
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はGUCCI グッチ GG0126OA 002 メガネフレーム

 

 

川上産業 リサイクルポリ袋 45L [600枚入]


★aaa様専用★