文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

KNIPEX(クニペックス)9522-165 ケーブルカッター(バネ付)

では、どうすればいいのでしょう。

コロシアム メンズ カジュアルパンツ ボトムス Men's Colosseum Camo NC State Wolfpack Logo OHT Military Appreciation Code Fleece Pants

TG0105B オーデリック 屋外用テープライト トップビュータイプ 1050mm LED 昼白色 調光
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はJINS ピカチュウ ポケモン コラボ

 

 

(まとめ)TANOSEE ゴミ袋 半透明 90L 110枚入×3箱[直送品]


コールマン フォールディングチェア 3個セット