文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

額入り黄麻布プリント 幅11インチ x 高さ13インチ お母様、母の日、誕生日、新築祝いのギフトに

では、どうすればいいのでしょう。

(まとめ)馬印 MAJIシリーズS壁掛ホーローホワイトボード 月予定表 ヨコ型 W610×H460mm MH2Y 1枚(×3)

El Espejo De Fuego
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はBan 制汗剤 ワキ汗 プラチナロールオン 24本セット❗️

 

 

アイリスオーヤマ 乾電池式 LED人感センサーライト 防水仕様 明るさ800ルーメン LSL-B1TN-800


◆Calvin Klein◆ウルトラライトクロスバッグ◆正規品◆