文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

かなり古い‼タイガーオバQほおんすいとうPQ型貴重なお品物♪水筒紐付き♪

では、どうすればいいのでしょう。

【最終値下げ価格】ピンバッチ ワールドカップ4大会+α 現地購入品 非売品

ウサギ様専用
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はNOVICA Amethyst .925 Sterling Silver Pendant Necklace, 16.25", Assurance'

 

 

セミダブルベッド フレーム すのこ ベッド LEDライト仕様 宮 脚付 2口 コンセント付 スタイリッシュ セミダブル インテリア 家具 ※ベッドフレーム単品


良好 50s ビンテージ◎米軍 実物 ボタンフライ W31 尿素ボタン ARMY