文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

Swarovski Crystal Labrador Puppy Playing Figurine送料無料

では、どうすればいいのでしょう。

抗菌コンパクトマスクケース ブラック 200個 メーカー直送 法人限定 代引不可 北海道沖縄離島不可

【P5倍】ミツトヨ (Mitutoyo) 単体レクタンギュラゲージブロック 611754-013 (鋼製)(校正証明書付)
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はFA4 TYPE−MOON Collection

 

 

(同梱不可)SANEI シングルワンホール混合栓 K87111JV-13


【新品フィギュア】[オーキッドシード]アスモデウス~色欲の像