文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

[ローズフィールド] 腕時計 Boxy QWGR-Q12 レディース グレー

では、どうすればいいのでしょう。

【ポイント15倍】 三ツ星 スーパートルク・タイミングベルト 300S8M1200G

【OMV-550-1】オンダ製作所 アングルミニチュアバルブ Rねじ×ストレート L20 H31.5 小ロット(50台) ONDA
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【TORY BURCH】LEE RADZIWILL PETITE BAG◇リーラジウィルバッグ

 

 

ビンテージ ツリーカモ カーゴパンツ ワークパンツ


【エルメス】《ネヴァダ》パズル・エケストル キャップ