文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

中古パソコン Windows 7 Pro 64Bit Microsoft Office Personal 2010付 22型液晶セット HP Compaq Celeron〜/4G/250GB/DVD-ROM

では、どうすればいいのでしょう。

ノガ(NOGA) [30I8UN]【5個入】 ミルスレッド内径ねじ切りチップ30MMx8山 M ポイント5倍

エスペシャリーフォー ジョガーパンツ メンズ 父の日 ギフト 大きいサイズ パンツ ストレッチ 無地 ゆったり カジュアル ズボン ロングパ
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はTOM FORD★ブランド眼鏡アジアンフィットメガネTF5511-001

 

 

Thermaltake TOUGHPOWER GF1 650W PC電源ユニット 80PLUS GOLD PS-TPD-0650FNFAGJ-1 PS


お洒落は足元から♪LV シグネチャー パンプス レザー