文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ds-1855217 NEW水性インテリアカラー和室カベ 浅黄色 5L【代引不可】 (ds1855217)

では、どうすればいいのでしょう。

KHK 小原歯車工業 MMS3-30L スパイラルマイタ

特別価格Catching Butterflies好評販売中
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はGodox VL150 LED照明

 

 

袴 袴 紐下91, 02-A×袴:臙脂 袴下帯:ピンク×黄 キョウエツ セット 卒業式 小学生 女の子 卒業式袴 小学生袴 袴セット はかまセット 華やかジュニア


セミオーダー用 Girls