文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

モーダ ミンクス Moda Minx レディース ボトムのみ 水着・ビーチウェア Amour Crystal Bikini Bottom In Hot Pink ピンク

では、どうすればいいのでしょう。

サンドビック コロターン107 旋削用ポジ・チップ 1525 ( TCMX 16 T3 08-WF 1525 ) (10個セット)サンドビック(株)コロマントカンパ (メーカー取寄)

マニクイック ソフトタッチ / MQ632 レッド レイクス21 自助爪きり
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本は【ELISABETTA FRANCHI】編上げ風ビスチェ チュール ドレス

 

 

DRESSTERIOR - DRESSTERIOR フードパーカー2 美品 格安 グレー


ラフィア ボーダー ロゴ刺繍 ハット★PRADA