文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

ファイアーエムブレム0 サイファ セリカ sr+ 状態良好

では、どうすればいいのでしょう。

即日発送!遊戯王 閃刀姫-カガリ プリズマティックシークレット 絵違い

2004 UD STELLAR SIGNATUAES 松井秀喜 ルーキーカード
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はCERA HG15348R サーモスタット式シャワバス用湯水混合栓 Versostat セラトレーディング CERA_直送品1

 

 

ピエールアルディ22★アルファレーザー フラットサンダル


ミドリ安全 MTK-500-OR-3L オレンジ 耐切創性 防火手袋 (人工皮革・滑り止めタイプ/3L)