文末に使う「である」「のである」「のだ」は、評論や論文などに多用される表現で、通常は強い断定を表します。

「家を建てるときは、基礎工事が重要である」

「わかっていても、つい使ってしまうのである」

「準備を怠ると失敗するものだ」

などがその例です。

レーヨン京ちりめん ちりめん 無地 生地 反物 約70cm幅×8m乱 #31 山吹色 メール便不可 INAZUMA

では、どうすればいいのでしょう。

スマートウォッチ フォッシル Fossil メンズ Latitude HR Hybrid SMARTWATCH FTW7020 ブラック

[マンシングウェア] 【22年春夏モデル】 ゴルフ 半袖シャツ 吸湿 クーリスト 動的裁断 メンズ BL00(ブルー) 日本サイズ3L相当
私は突然、思い出すことがあるのである。しかも、細部まで鮮明に蘇るのだ。

〔改善後〕
私は突然、思い出すことがある。しかも、細部まで鮮明に蘇る。

どうですか。すっきりし、さらに文章が強まっているように感じませんか。つい、「である」を多く使ってしまう場合は、単純に取り去ってしまえばいいのです。

 

*当工房で制作した『読まれるための文章読本』から抜粋しています。

本はビジネスバッグ トートバッグ ブリーフケース 本革 ショルダーバッグ 斜めがけ レザー 多機能 2way 大容量 メンズ A4 牛革 出張 通勤 バッグ

 

 

東京インテリア 食器棚 キッチンボード


IJOY Bluetoothワイヤレススポーツイヤホン IPX4 防汗スポーツヘッドフォン マイク付き ノイズキャンセリングイヤホン ノイズキャンセリングヘッドセット ワー